FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#16-限りなき戦い(The Battle Of Evermore)

 さて、そんなこんなでアメリカ人親子と一つ屋根の下、奇妙な共同生活に入った。

 これが血のつながっていない女子大生の妹とのひょんな共同生活なら、洗濯物の中に混ざっていたセクシーな下着を見つけて赤面したり風呂に入ろうと思ったら向こうがすでに入っていて、金切り声をあげられながらシャンプーや石鹸を手当たりしだい投げられてその場を退散したりと、それはそれは毎日が上へ下への大騒ぎな日常が味わえるが、日本人にあからさまな差別意識を持つ米軍と心を開かない思春期の小僧相手だと何ら面白みもない。

 前にここに住んでいたウーピー(仮名・前に同じ家に住んでたアメリカ人)たちみたくスペイン語でコミュニケーションが取ってくれればこっちもメリットがあるが、何せ向こうは全て英語で押し通そうとするものだから、はっきり言ってこっちもどうしようもない。

  しかも始末の悪いことに、当初こいつらはぼくが英語もスペイン語もペラペラのトライリンガルだと勝手に思い込んでいた節があった。
 どうも初コンタクトの時にぼくが話したつたない英語がかなりのまぐれ当たりだったらしいことと、ぼくが講師なり家の人なりネイティブとの交流する様が、彼らから見てそれなりにコミュニケーションが取れていると判断したのだろう。事あるごとに「今なんて言ったんだ?」とぼくを向いては英語の翻訳を要求するようになった。
 はっきり言って英語は話せないし、入国時よりはマシにはなったがスペイン語もまだおぼつかない。当然ながら言葉に詰まったり「わからない」と伝える頻度は増える。そんなぼくのスキルにだんだんと彼らは見切りをつけ、「実は英語もスペイン語もしゃべれないJAP」と勝手に烙印を押し、話しかけられる頻度だんだんと減っていった。

 とはいえ、とりあえず同じ家ということもあり学校でも彼らの様子は気にかけていたのだが、どうやらこの親子の企画は完全に企画倒れに終わっているように思えた。

 休暇を利用して子供に異文化を体験させる父主導の企画だったのだろうが、肝心の息子が異文化に全く興味を持とうとせず、 

 「ダディが変なことを言わなかったら、今頃家でママお手製のチェリーパイをドクターペッパーで流し込みながら『モータル・コンバット』をプレイしていたはずなのに…」 

 と言わんばかりの不機嫌な表情があからさまに出ているし、父親は父親で、

 「学校のシステム上スペイン語も勉強しないといけないかもしれないが、あくまでも自分は息子の保護者として一緒に来ているだけ」

 というスタンスを曲げる気配はない。

 世間では、父親が子供に自然を体験させるべく親子参加のキャンプ旅行を勝手に申し込んでみたものの、肝心の子供は全く乗り気ではなく最終日まで駄々をこねていたという”新米パパのあるあるネタ”を耳にするが、この件に関しては、企画倒れにしては時間とお金がハイリスク過ぎる。しかもこういうのに限って5週間くらい滞在するらしいのだから、実に始末に終えない。

 そしてそんなある日の夕食後、事件は起こった。 
 ぼくはその時、リビングでメキシコ代表のサッカー中継を見ていた。前回は大きな大会の一次リーグだったか、今回は決勝トーナメントでの試合ということもあり、かなり期待していた試合だ。
 
 緊張感の高い白熱した試合展開を堪能していたら夕食を終えた息子がやってきて、ぼくになんの断りもなくいきなりリモコンを手にとってザッピングし始めるという暴挙を働いたのだ
 そしてスポーツ専門チャンネルで放送していたメジャーリーグの中継で手を止め、ものすごく自然な態度で野球を堪能し始めた。しかもユニフォームの胸ロゴを見た限りでは、サンフランシスコ・ジャイアンツの試合のようだ。

 「おい小僧、何をしやがる! 俺はサッカーを見てるんだ!」
 「サッカーになんか興味はない! 俺は野球を見たいんだ!」

 まさかメキシコまで来てアメリカ人とチャンネル争いという一大抗争に巻き込まれるとは、一体誰が予想しただろうか。


 しかし、このままでは埒があかないので、平和的解決をのぞむべくとりあえずここは双方の意見を照らし合わせてみよう。


 まずぼくの意見。

 この試合はどうしても見たい。当時は今ほど多チャンネル時代ではない上にyoutubeのような動画共有サイトの影すらなかった時代だったから、このような大きなタイトルがかかった強国同士の真剣勝負を日本で見る機会は殆どなく、せいぜい4年に1度のワールドカップしかなかったので、せっかくだから見ておきたい。
 そして、日本の野球ですら大して興味がないのだから、海の向こうの野球なんてもっと興味がない。優勝がかかった終盤戦とかプレーオフならまだ考える余地はあるが、所詮このゲームは年間百何十試合もある公式戦のうちのひとつでしかないから大した試合じゃないだろう。


 そして小僧の意見。  

 そもそもサッカーなんて退屈で面白くない。しかし野球はアメリカ人の誇りであり、サンフランシスコ・ジャイアンツは我らサンフランシスコ人の血だ。そんな彼らの試合がテレビで見れるのをわかってて見ないなんて、そんな馬鹿な話はない。
 そして、日本代表の試合だったら100歩ゆずってやらなくもないが、わざわざ外国同士の試合を見る必要がどこにあるっていうんだ?


 うーん、やはり意見は何一つ合致していない。正に水と油、ミルクとオレンジ、イスラエルとパレスチナ、アクセル・ローズとスラッシュの関係である。

 しかし、ここで「じゃあ、勝手にしろ」と部屋に戻るのも大人気ないし、小僧に全ての権利を無償譲渡するのも筋が通っていない。だからといってリモコンを奪い合いながら髪をつかみ合ったり鼻の穴を指で引っ張り合うのはさすがに不適切だろう。ここは穏便に手打ちをすべく、何かしらの対策が必要だ。

 そこで話し合った結果、ジャイアンツの攻撃の時は小僧に視聴の権利を、そしてそれ以外の時間はぼくに視聴の権利を持つという折衷案で合意した。

 しかし、いくら白熱した攻防が展開される試合でも、こんな状況で見ててもちっとも面白くない
 ただでさえすぐ横に何らサッカーに興味の無い人間がいるだけでも興ざめなのに、サッカーは試合が途切れづらいスポーツなので、いくら見せ場のシーンが目の前で起きても定期的にチャンネルを変えて野球の動向をチェックしなければならないというわずらわしさも付きまとう。

 一方野球は明確な攻守交替はあるが、あっさりと三者三振することもあれば1イニングで打順が一回りすることもあるので、大事なシーンを見逃す可能性もある。
 しかも約束でありながらチャンネルをサッカーに変えた瞬間に小僧はあからさまに不機嫌な顔をし、時間配分を間違えてナ・リーグの攻撃が既にツーアウトになっていようものなら、「約束が違う」今にも訴訟の準備に入りそうな勢いだ。この案は公平に見えても、分が悪いのは明らかにぼくのほうだった。

 親父は「あまりわがままを言うんじゃないぞ」という大して効果が期待できない注意はするが、その表情は「子供相手に大人気ないJAPめ!」と言いたげだった。


 ああ、大人気なくてけっこうだ、コノヤロー!
 世論に何の影響力も持っていないこいつらにどう思われようが、体制には何ら影響は無いし。

 そういえば、今は亡きジャイアント馬場はかつて、日本のプロレス界を制覇すべく暗躍していた若かりし頃のビンス・マクマホン(現WWE社長兼CEO)に対して、
 「マディソン・スクエア・ガーデンで世界王座に挑戦したときにほんの子供だったこんな小僧に翻弄されてたまるか」 
 と一喝したそうだが、その時のぼくはまさにそんな感じだ。尤も、ぼくの場合は マディソン・スクエア・ガーデンも世界王座も未経験だが

 小僧が飛びっきりの癇癪を起こすか、親父が児童買春とかで逮捕されて強制送還されない限りは、当面は奇妙な共同生活は続くことになる。




スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

tag : メキシコ留学体験記1 アメリカ人 チャンネル争い サンフランシスコ・ジャイアンツ ビンス・マクマホン ジャイアント馬場

#17-マリア様の不条理な試練(後半はチョイグロ)

 現在お世話になってるホストファミリーは、何年も前から外国人留学生を受け入れているらしい。あまり頻度は高くないが、ないなりにここの住人とはコミュニケーションはとっているのだが、過去にここで持て成した生徒の思い出話をしてくれるし、リビングには留学生が持ってきたであろう土産類が並べられている。この家では比率的に日本人が割り当てられることが多いようで、扇子や提灯といった個人的に馴染みのあるアイテムがよく目につく。

 そして、留学生を受け入れることには10年選手だけあって、もてなし方も心得ている。特に料理面でぼくらを飽きさせないように毎日様々な料理を提供してくれる。これまでに出された料理はどれも美味しく、しかもボリュームたっぷりの料理なので、「今日は何が出るのだろうか?」という想像が日々の楽しみになっているところだ。


 しかしながら、やはり外国の料理である以上は、全てが自分の口にあるわけではない。もちろんホスト先のせいでは絶対にないのだが、やはり自分自身が和食でもそれなりに好き嫌いはあるので、申し訳ないが「これはちょっと……」とためらってしまう料理もあるのも事実だ。しかし、「よそ様で出されたご飯は残しちゃいけません」幼少時にポンキッキでペギー葉山から教えられたぼくとしては、残さずに毎回食べているのだ。 


 ところが、ここ最近になってメニューに異変が起きている。
 メキシコではメジャーな“Mole Poblano(=モーレ・ポブラーノ)”という料理がやたら頻繁に出てくるのだ。

mole-poblano.jpg
Mole Poblano(モーレ・ポブラーノ)
日本で言うところのカレーライスに位置するであろうポピュラーなメキシコの家庭料理。メキシコ州の南に隣接するプエブラ州のモーレが有名。



 少なくともぼくはこの料理をリクエストしたことも絶賛したことがない。というか、正直なところこの料理はぼくが口にしたものの中でぶっちぎりに口に合わないことでお馴染みなのだ。
 この茶色のソースの端的に書けば“スパイシーなカカオソース”なのだが、初めて口にした時は“辛いチョコがかかっているチキンに”というあまりの未知な組み合わせに脳が混乱してしまい、悪いこととはわかっていても周囲の目を盗んでトイレにでも捨ててやろうかと思ったくらいだ。しかし前述のとおりペギー葉山の教えは地球よりも重いので毎回無理して完食していたのだが、よりにもよって何ゆえこれが連チャンで出てくるのだろうか。

 で、コーラや水で無理やり流し込んでこの日も何とか完食したのだが、この日はたまたまおばあさんと同席したので(基本は同じ時間に食べるが他の家事で席をはずしていることが多い)、その理由を聞いてみた。

 「あのー、最近モーレがよく出ますが、何か理由でもあるのでしょうか?」
 「あら、あなたこれ好きでしょ? だからいっぱい作ってるのよ」


 ……………は?


 要約すると、おばあさんとしては外国人留学生にメキシコの食文化を教えたくてメキシコの代表的な料理であるモーレを作っているものの、決して好評ではないようでこれまでの留学生は大抵残している中、ぼくだけが残さず食べたばかりか、おばあさんの目にはとてもおいしそうに食べていると映っていたようで、大好物だと認識しているようなのだ。


 よっぽど「そんなわけないって!」と全否定してやろうかと思ったが、そこまで思われてしまえば否定のしようがないではないか。
 というわけで、ここはおばあさんの夢を壊さないために苦行を受け入れるしかないだろう。


 さて話は変わり、先日アメリカ人のガキとサッカーを見るか野球を見るかでテレビのチャンネル権をめぐって対立して以降(詳細はコチラ)、アメリカ人親子との国交がほぼ途絶えてしまった。
 尤も、今までも頻繁に会話していたわけではなかったのだが、例えば食事のときに軽く世間話をするとか、学校でも休み時間で通りすがったら声をかけるなどの必要最低限のコミュニケーションはとっていったが、今となっては状況や場所に関係なく、「Hola!(やあ)程度の挨拶すら交わさなくなるほど心が凍っている。

 はっきり言って今回の件に関してはどう考えても悪いのは向こうに決まっているので、奴らがぼくに対して焼き土下座のひとつでもすればこちらも心を開いてやらなくもないのだが、特に父親からすれば、ただでさえメキシコに来ることに難色を示していた息子に、父として何とか興味を持たせて楽しくて有意義な時間を作ろうと四苦八苦していたところ、よりによって彼らの脳内人種ランキングの最下等にいるであろう日本人が台無しにしやがったということもあってか、向こうから歩み寄ることはなさそうだ。かといってこっちから歩み寄ることは地球上から民族紛争や貧困がなくなるくらいありえないので、事態は平行線をたどる一方である。

焼き土下座
焼き土下座
日本最大規模のコンツェルン「帝愛グループ」の総帥・兵藤会長発案の謝罪法。本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいなら、焼けた鉄板の上でも土下座ができるはずという理屈で生まれた。焼けた鉄板に額と手をつけた状態で連続10秒間土下座をし、10秒間の土下座が達成されるまで何度でもやり直しすのがルール。自信のない人にはオリジナルの土下座強制機を使うオプションもあるが、それでも無理な場合は側近による人力で強引に押さえ付けられる。

 なので、本来なら日常で尤もくつろげるはずのホスト先に戻るのが若干憂鬱になってしまっているばかりか、本来なら楽しい語らいの夕べとなるべき食事の時間が、日常で最も重苦しい場になってしまった 一応食事のときはたいていおじいさんおばあさんも同席しているのだが、おばあさんは他の家事で席をはずすことは多いし、おじいさんは年齢のせいもあり、ぼくの語学スキルに関係なく会話はほとんど成立しないので、どちらかというとムードメーカーというよりはプロトタイプのファービーに近い。

 しかしながら、できることなら何とかこの状況は打破したいのも事実だ。ぼくとしてもわざわざメキシコに来てまでこんな重苦しい思いをしたくないのは同じなので、楽しくて有意義な時間を過ごしたいのはお互い様だ。ここは何らかの手を講じなくてはいけないだろう。

 とはいえ、こちらから能動的に解決策を考える筋合いはないので、英語が堪能で誰にでも好かれる快活などこぞの留学生あたりがここで寝泊りするのを期待するか、「こいつら、セントロとかで外食するような用事でも作んねえかな?」ひたすら部屋の壁にかかっているマリア様に祈りを捧げる毎日だ。しかし、どうもマリア様は誰の願いでもホイホイと叶える存在ではないようなので、そういった動きは当分なさそうだ。


 そんなモヤモヤを感じながら過ごしていたある日の深夜、トイレに行きたくなって目が覚めた。どうもここ最近お腹の調子が悪く、こうして腹痛で起きてしまうケースが多い。これは海外生活における洗礼みたいなものだろう。

 部屋の目の前がトイレなので、電気をつけてドアを開ける。ねむけまなこながらも便座に座ろうとした瞬間、ぼくは驚愕の事態を目の当たりにした。


アリ
イメージ(クリックすれば無修正)

キィーーーーヤーーーーーッ!
便器に大量のアリが密集して蠢いてるーー!!!!



 すぐさまレバーをひねって流したが、闇金の回収訪問に居留守を使う債務者の如くおののいたぼくは、さっさと出すものを出してすぐ部屋に戻った。

 そういえば、机に夕べ飲み残した缶コーラをがあったのを思い出したので、布団をかぶる前に心を落ち着かせるためにすぐさま手に取った。


 そして口をつけようとした瞬間……。


アリ
イメージ(クリックすれば無修正)


ヒィーーーーーーーーーッ!
飲み口にも大量のアリがっ!!!!



 さすがにダブルパンチで来るとは思わなかったが、すぐさま洗面所で飲み口を水で洗い流し、残りのコーラをすべて捨ててまた部屋に戻った。


 そしてまた布団にもぐったものの、30分後くらいにまた腹がゴロゴロと鳴り始めた。どうも今回のは厄介なパターンの腹痛らしい。

 再び電気をつけて、トイレに入たそのときだ。


アリ
イメージ(クリックすれば無修正)


キィーーーーーーーーッ!
さっき便器と排水溝に流したアリが戻ってきてるーーー!!!!



 少なくともまた水で流してもこうして戻ってくるのは明白だ。丸めたトイレットペーパーで根こそぎこいつらを圧殺するしかないという結論に至り、しばしの間トイレで人知れず格闘する羽目になった。
 深夜に人知れず不快で不毛なことをしなければならない不条理さに憤りを覚えつつ次々と迫りくるアリを潰しまくっていたら、どうやら全滅に成功したようなのでしっかりと手を洗い、また部屋へ戻った。

 さすがに眠気は冷めたので手元のタバコに火をつけつつ、壁にかけられたマリア像を凝視した。


 貴方はどういう了見で食べたくないものを大量に食べさせて、アメリカ人との間に無駄に重苦しい空気を作って、腹痛を与えて、大量のアリをばらまくの? それがオマエのやり方か? 



テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

tag : メキシコ留学体験記1 Mole_Poblano モーレ モーレ・ポブラーノ メキシコ料理 マリア様 焼き土下座 ペギー葉山 大量のアリ

スポンサードリンク
ブログランキング



宜しければクリックを
お願いいたします。
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

800ランプ

Author:800ランプ
ルチャリブレがきっかけでメキシコに興味を持つ。
20世紀末、突然そのことを思い出しメキシコへ。民間の語学学校で言葉を学びつつ、運の良さも手伝って浮世を忘れるほどの生活を満喫。
以降も帰国してはお金を貯めては渡墨し、また帰国してお金を貯めては渡墨ということを繰り返していたら、社会のレールから脱落したので日本に落ち着く。
しかし先日、わけあって現実逃避もかねてまた渡墨。今回の日記はそのときのもの。

最近のトラックバック
amazon
スポンサードリンク
リンク
タグクラウド

RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。